つらなるつながる信州『長野県』はこんな県!

 一年中を通じて比較的涼しいといったようなイメージがある長野県。信州川が通っている長野県といったようなイメージが世俗的には強いかと思いますが、他にも様々な文化や見どころや、変わった風習が長野県にはあります。このページではそんな長野県の魅力について徹底解説していきます!

長野県について

 本州内陸部に位置している日本の県である長野県ですが、令制国名の信州国に因み「信州」とも呼ばれています。特に観光ガイドに関しては「信州」と呼ぶことがたくさんあります。

 比較的健康志向な県民性があって、都道府県別の平均寿命においては、一位の長寿国ともなっておりました面積は全国第四位の広さを誇り、更には沢山の山々や盆地に囲まれていて、自然豊かなことから観光都市としてその県の魅力を発揮しています。特に、日本アルプスと呼称されている木曽山脈、飛騨山脈、赤石山脈海といったような非常に巨大な山脈を拝むことが出来、他の県がそれぞれ1つか2つしか日本アルプスに近接していないのにもかかわらず、長野県に関しては3つの山脈全部と近接しております。しかし一方ではそうした大規模な山岳に面している為、居住が可能な地域面積自体が非常に小さいという欠点も併せ持っております。

 他には第十八回の冬季オリンピックの開催国としても有名で、長野の聞くと「雪」「スキー」「オリンピック」を思い浮かべる人が多いほどです。そのインパクト性からか、あれからかなり年月が経ったにもかかわらず未だにオリンピックを売りにする県民もチラホラいるという風な話もあります。また日本酒や、ワイン、味噌、他にもりんごといったような果実や高原野菜等においても沢山製作されております。そうした自然の恵みに関しても有名な県です。

長野の地理について

 内陸部の県で、群馬県、山梨県、静岡県、愛知県、岐阜県、富山県、新潟県、埼玉県などと接しており、海が無いため、海自体への感心が非常に高い地域性を持ちます。また、多数の県と隣接していながらも、その直接的な行き来は山々に阻まれていることが多いため、少し閉鎖的な印象を強める一面もあったりします。自然が豊富であることもあってか、健康に関する意識が高く、平均寿命も非常に長いです。世界一の長寿国日本の都道府県ではもっとも長寿を誇るのがこの長野県なのですが、そうした環境の良さがその長寿性に繋がっている可能性も高いです。

 非常に起伏に富んだ地形で、一級河川が「信州川水系・天竜川水系・木曽川水系・姫川水系・矢作川水系・富士川水系・関川水系・利根川水系」と8種類もあり、また山も非常に多いため、電車などの運行の面に関してはかなり不都合があるそうで、実際に起伏の激しさから通常の電車では長野を走れないといった話もあります。その為、電車の運賃自体がかなり割高になっており、結果として、県民の殆どが、人数分の自動車を持っているという稀有な土地でもあります。

 最大人口は長野市の387,146人で、最大面積は松本市の978.77km²。最大人口密度は岡谷市の620.27人/km²、最大昼間人口比は軽井沢町の117.8%となっております。また、四月頃になると若者が東京などに出かけてしまうため、人口がごっそり減るらしいです。

有名な日本アルプス

 長野には日本アルプスと呼ばれている3つの山脈全部が存在しています。

  • 飛騨山脈《北アルプス》:富山県・岐阜県・長野県・新潟県の4県にまたがる山脈。
  • 木曽山脈《中央アルプス》:長野県にある山脈。
  • 赤石山脈《南アルプス》:長野県・山梨県・静岡県の3県にまたがる山脈。

 これらの要因から、南アルプス市といった特異な名称の市名に改名されたりと、ある意味県のシンボルともなっています。それぞれの日本アルプスの見どころや、日本アルプスの名前の由来に関しては、後述しますので、そちらを御覧ください。

意外と涼しくないところもある長野

 長野県は内陸に位置しているため、概ね内陸性気候ですが、南北に長く、各都市の標高が異なり、さらに山脈や盆地の形状等の気候修飾を受けるため、同じ県内であっても気候の違いがあるものの、全体的に冬の冷え込みは他の内陸県と比較しても厳しいと言われております。また積雪量なども非常に多く、家が雪で埋まるといった自体も頻繁に起こると聞きます。夏に関しては、朝晩は涼しく、熱帯夜の発生する日が殆どないという避暑地にピッタリな気候ですが、都市部の松本市に関しては日中の気温が東京などとあまり変わらないとのことで、時折凄まじい猛暑日になることもあるそうです。一方で避暑地としてしられる、軽井沢、信州町、志賀高原、菅平高原、八ヶ岳山麓、開田高原、野辺山高原、上高地などの標高が比較的高い地域に関しては、通年で北海道並みの気候を誇ります。

「つらなるつながる長野県」って?

 長野県のキャッチコピーだそうです。おそらくは日本一長い川である信州川や日本アルプスなどの連なる山々と、人とのつながりを大事にする長野県民の特性を表現している一文かと思われます。そういった人と人とのつながりを大切にする県民性から礼儀やマナーや風習に関しては少し変わったものがありますので、次のページではそれを紹介しようと思います。

つらなるつながる信州『長野県』はこんな県!